• 軍団の業務日誌

    まいどです。

    清水です。ハラポロガ。

    雨が降ったり止んだり晴れたりと、変な天気の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    明日は何とか雨が降らないでほしいですけど、どうなるんでしょうねぇ・・・。

    ま、軍団のアイテムは持っていかないので被害は出ないっちゃぁ出ないんですけど、それでもカルメン雑貨に被害が出るとそれはそれで困ります。

    はぁ〜、どきどき。

    —————————————————————

    先日、四日市マルシェでの出展を紹介した際に、四日市マルシェの紹介文にあった「三重県は100人当たりの犬の登録数は[7.40匹]5年連続1位という県」の典拠が気になったのでちょっと調べてみました。

    まぁググったら簡単に出てきたんですけど、都道府県別格付研究所というサイトの「人口100人あたりの犬の登録頭数ランキング」あたりが詳しそうです。

    このページでは調査年度等が書いておりませんので差異が出ますが

    1位/三重県7.33匹、2位/香川県 7.22匹、3位/岐阜県 6.58匹

    となっております。

    なお、この記載は掲載サイトのものをそのまま書き写しましたが、動物の数え方には一応のルールがあるらしく、大きな動物の場合は「頭」、小さな動物の場合は「匹」を使うそうです。

    基準としては「人間が両腕で抱きかかえられるかどうか」で決まるそうで、犬の場合は小型犬が「匹」、大型犬が「頭」で数えると目安になるのかもしれません(例外もあります)。

    (出典:犬の数え方は「匹 or 頭」?思わず人に話したくなる豆知識/わんちゃんホンポ)

    一応「登録頭数」という書き方がされておりますので、以下この日記で記載する場合は犬の場合は「頭」(猫の場合は「匹」)を使おうかと思います。

    で、この犬の登録頭数ですが、このサイトが独自に調査したわけではなく、一次資料として厚生労働省の衛生行政報告例に基づいているようです。

    これは、狂犬病予防の一環として予防接種を受けたとか受けてないとかを把握するための、各自治体の犬の登録統計みたいですねぇ。

    最新版は2016年11月に公開された「平成27年度」版。平成27年度っていうことは、2015年4月〜2016年3月までの統計データなんですかね。

    そこに掲載されてたCSV形式のデータを見てみると、都道府県別に平成27年度の登録申請数、平成27年度末現在の登録頭数、予防接種や徘徊犬、死亡届け等々が載ってます。

    さらに指定都市と中核市も載ってますが、残念ながら四日市市は指定都市でも中核市でもないので当然載ってません。

    載ってないとなると、余計に気になる四日市事情

    別にうちは、犬でどーこーしているわけでもないので正直どうでもいいんですけど、ここまで来ると途中で止められないですよねぇ。ついでに調べてみます。

    各自治体に登録ってことなので、三重県のサイトを調べてみたところ、うん、載ってました。「三重県内市町別 平成27年度犬登録頭数」です。

    平成28年4月1日現在の四日市市の人口は31万2,115人ってことなので(出典:人口と世帯数の推移/四日市市)、犬の登録頭数が20,787頭。つまり100人当たり「6.6頭」になるわけです。

    四日市近辺も含め、平成28年度末現在の人口と100人当たりの犬の登録頭数を表にすると以下の通り。

    市町名 年度末登録頭数 人口 人口調査日 100人当たりの頭数
    川越町 962 1万4,552 平成25年4月1日現在 6.61
    四日市市 20,787 31万2,115 平成28年4/1現在 6.66
    鈴鹿市 14,635 20万277 平成28年3/31現在 7.31
    亀山市 4,468 4万9,584 平成28年4/1現在 9.01
    津市 17,601 28万2,194 平成28年3/31現在 6.24
    松阪市 12,799 16万7,047 平成28年4/1現在 7.66

    (※なぜか川越町の人口のみ平成25年度から更新されてなかった)

    厳密な数字とは言い難いですが、まぁこんなもんしょうか。このへんだと亀山がずば抜けて高いですねぇ。

    グラ猫的観点で言えば、犬よりもむしろ気になるのは猫関係の数字です。が、猫に関してはこのような官公庁系列の統計情報はありませんでした。

    唯一統計的な情報を発見できたのが、一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実態調査」というもの。

    ただしこちらは、100人当たりの猫の登録頭数云々〜というものではなく「アンケートに答えた方がどんな猫を飼ってるか」という内容です(ペットフード団体の調査だし)。

    ここ数年分を表にすると以下の通り。

    種類 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
    アメリカンショートヘア 5.3% 4.5% 4.0% 3.4% 2.6%
    ペルシャ(チンチラ) 1.9% 1.6% 1.4% 1.3% 2.1%
    スコティッシュフォールド 2.6% 1.5% 2.5% 2.9% 1.9%
    メインクーン 0.9% 1.2% 1.3% 0.8% 1.3%
    ロシアンブルー 0.7% 2.1% 1.0% 1.3% 1.3%
    アビシニアン 1.2% 1.2% 1.3% 1.0%
    ノルウェイジャンフォレストキャット 0.4% 0.9% 0.3% 1.0%
    シャム 0.5% 0.5% 0.7% 0.7%
    ソマリ 0.4% 0.4% 0.7%
    ヒマラヤン 0.5% 0.7%
    ジャバニーズボブテイル 0.2%
    純血その他 1.0% 2.3% 2.6% 2.1% 2.9%
    雑種 80.5% 79.8% 79.6% 78.8% 79.0%

    へぇ〜。8割が雑種で、アメショが若干健闘してるって感じですねぇ。そういうもんなんだ、猫の世界って(2016年のアンケート数は1.400人ちょい)。

    この前のファークリーナーのように「猫の種類」で絵を描くような場合には参考になるかな。

    まぁ、イベントに遊びに来る愛猫家を対象とすると、直接聞き取り調査するのが一番良いかもしれないですけど。

    久しぶりに調べ物をして、何だかちょっと満足しました。

    明日はよろしくお願い致します。

    まぁ、そんなとこ。




    関連記事



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。