阿亜蕃仙人 のすべての投稿

d-180622-i

海苔のブガクとジョンの和え物

今日は、韓国料理のブガクを作りました。餅米を炊いて、それを潰して海苔の両面に貼付け、フライパンで揚げて作りました。もっとカラカラに揚げてお菓子として食べる場合もあって、茶館などでお茶うけとして食べられたりします。もう一品は小麦粉で作った薄焼きのジョンを短冊に切ってエゴマの葉と甘長の細切りと一緒に胡麻油で和えたものです。 続きを読む

d-180621-i

ポテトソテーに大根おろし

今日は、ジャガイモを切って一度下茹でして水気を切り、オリーヴオイルでソテーして、大根おろしを添えました。お醤油たらしていただきました。単純すぎてお料理とも言えないですが、大根おろしにしてもお醤油にしても他の食材を自分色に変える個性があります。偉いと思います。サイドは舞茸とピーマンのソース焼きそばです。舞茸おいしい。 続きを読む

d-180620-i

銀杏とピーナッツの炒め物

今日は、銀杏と皮付きピーナッツの炒めものを作りました。お醤油とアガベシロップでちょっと味を濃いめに炒め煮にしました。サイドは、チャントック、韓国精進料理のスタンダードです。小麦粉にコチュジャンを入れて捏ねトッピングにイタリアンパセリとセロリの若葉(本物は山椒の葉)を入れて焼くだけです。韓国の山寺に居る雰囲気でいただきました。 続きを読む

d-180619-ini

台湾素菜店「璉」の中華ちまき

四条大宮にある台湾素菜店の璉に、新メニューが出来ました。中華ちまきセットです。丁度端午の節句の時期なので中国では粽(ちまき)が縁起ものです。さっそく注文して食べてみましたが、ベジハムやシイタケやキクラゲやその他いろんな具がいっぱい入って素晴らしく美味しい出来上がりです。ここらあたりはさすがは台湾素菜店という感じです。 続きを読む

d-180619-i

アボカド大豆とプタもどき

今日は、アボカドをすり鉢で潰して、水煮大豆と干しぶどうを入れて一緒に和えました。この干しぶどう、貴腐葡萄で作ってあって香りがすごく良い。合わせたのはブータンの蕎麦プタ風に見えるアボカド玄米麺です。ブータンの人は青唐辛子が好きなのですが、これは甘長です。麺が盛ってあるのはブータンの民芸品ポンチュー、これをブータンの人は弁当箱に使います。 続きを読む

d-180618-i

空豆の湯葉とじと茸炒飯

今日は、空豆の湯葉とじを作りました。そら豆を茹でて、それを薄めの出汁の中で熱を加えながらとろ湯葉を足してとじました。ほくほくで美味しい。ごはんのほうは、昨日のナムルの残りとキノコを具にして玄米炒飯です。マーケットで長野県産の「たもぎ茸」というキノコが出ていて、その綺麗な色に惹かれて買ってきました。 続きを読む

d-180617-i

前澤大根とカムジャナムル

今日は、大根の煮物です。前澤大根という名前が付いているのは、前澤牛というブランド牛があるところの大根料理だからです。もちろんベジ版ですから大豆ミートを使っています。大根をぐたぐたに煮ると美味しい。大根が冷蔵庫の中でだいぶ長い間ごゆっくりなさっていたのです。そういう時にはこんな料理ぴったりです。 続きを読む

d-180616-i

筍と椎茸の炒めもの

今日は、たけのことシイタケの炒めものを作りました。生のシイタケと下茹でしたタケノコを切って、お醤油と味醂と白胡麻を入れた保存袋に一緒に入れて一晩漬けて置いて味を染み込ませました。後はフライパンでオイル無しで少し焦がしただけです。サイドのお稲荷さんは餅米の炊き込みです。中華ちまきのような感じで美味しかった。 続きを読む

d-180615-i

うずら牛蒡と壬生菜ごはん

今日は、うずら牛蒡を作りました。牛蒡を薄く削ぎ切りにして、すり鉢ですり潰します。そこにベジコンソメ粉と片栗粉と小麦粉を足して捏ねて団子を作ります。それを揚げて牛蒡つくねにして、お出汁をかけて完成です。サラダは小蕪とアイスプラントです。アイスプラントは京都ファーマーズマーケットで買ってきました。不思議な食感です。 続きを読む

d-180614-i

里芋粥と五目きんぴら

今日は、里芋入りのお粥です。里芋を塩だけでじっくり煮て柔らかくしてから、水加減を調節してからお米を足してお粥を作りました。薄い塩味だけですので、味のくっきりしたものを添えたいと思って、きんぴらを作りました。牛蒡を中心によく見えませんがズッキーニや人参も入っています。仕上げのアガベシロップで照りも出て美味しそうに出来ました。 続きを読む