d-171210-ibi

『宗哲和尚の精進レシピ』『South Indian Vegetarian Kitchen』

最近出版された本の中から興味深い2冊の本を紹介します。全くタイプの違うベジ料理ですが、どちらもとっても美味しそう。

d-171210-ib1

藤井宗哲・藤井まり著『鎌倉・不識庵 宗哲和尚の精進レシピ』ISBN978-4-309-28657-0 河出書房新社2017年11月30日刊 (本体1600円+税)

2004年5月に刊行された『宗哲和尚の精進レシピ』の新装改題版です。伝統的な禅寺の精進料理からフルーツなどを使って家庭用にアレンジされたものまでいっぱいレシピが紹介されています。気取っていないのが良い。食べた後で「また食べたいなあ」と思えるようなあたたかさやなつかしさのあるお料理は、見かけを通り越したところにあるんだなあと、この本のお料理写真を眺めていて思いました。

 

次の1冊はインド出身で日本に住んでいるベジタリアン、ヘーマ・パレットさんの本「はじめてのベジタリアン南インド料理」です。d-171210-ib2

ヘーマ・パレット著『South Indian Vegetarian Kitchen はじめてのベジタリアン南インド料理』ISBN978-4-906913-69-5 キラジェンヌ株式会社2017年11月30日刊行(本体1500円+税)

インドベジですからヨーグルトとかギーとかが入っているものも僅かありますが、それらを考慮すればビーガン料理のレシピ集として便利な本です。すべての文章が和英対訳になっているので、お料理英語の勉強にもなります。