『油揚げ、豆腐、こんにゃく』『メウノータの野菜料理』

最近出版された本の中から興味深い本を紹介します。1冊は和食でもう一冊は無国籍ヴィーガンの本です。

d-190922-is1
有元葉子著『油揚げ、豆腐、こんにゃく』ISBN978-4-259-56627-2 家の光協会2019年10月1日刊 (本体1600円+税)

著者の有元葉子さんは沢山の和のお料理本を出版されている料理研究家です。日本のソウルフードと言ってもよいお豆腐や油揚げ、そしてこんにゃくを使った和食のテクニックを伝統的な手法だけではなくて、メイプルシロップなどを使って新しいスタイルで紹介されています。一部のレシピには削り節やこえびなども使われていますが、ヴィーガンでもレシピは応用出来ます。

 

次の1冊は高円寺にあるヴィーガン料理店メウノータの店主伴奈美さんの『無国籍ヴィーガン食堂メウノータの野菜料理「味つけ」レッスン』です。d-190922-is2

伴奈美著『ウノータの野菜料理「味つけ」レッスン』ISBN978-4-309-28749-2 河出書房新社2019年9月30日刊行(本体1600円+税)

著者の伴奈美さんは高円寺にあるヴィーガン料理店メウノータで発酵ソースを駆使したヴィーガン料理を提供されている料理研究家。この本の中で長年培ったソーステクニックを分かり易く説明してくれています。どの写真も美味しそう。