仙人の今日の食事

d-190720-i

大豆のオレンジ煮

今日は、大豆とさつま芋とオレンジの煮物です。西井香春さんのレシピ本に載っていたお料理です。オレンジの酸っぱさとさつま芋の甘みとほくほく感、大豆の旨味が抜群の取り合わせです。色合いも綺麗。切って煮るだけなので全く手間はかかりませんが、素材どおしが相互に調味料となっているのが分かります。こういうのが調理の理想なのでしょうね。 続きを読む

d-190719-i

京湯葉丼

今日は、京湯葉のどんぶりです。乾燥湯葉を戻して味醂やお醤油で煮ます。それを炊きあがった御飯の上にのせて丼を作りました。おかずはフェイクグリルチキンです。大豆ミートのチキンタイプを戻して胡麻油に浸しておきます。後は野菜と一緒にグリルするだけです。サラダにプチトマトと胡瓜とゆがいたベビーコーン、このプチトマトすごく甘かった。 続きを読む

d-190718-i

蓮根と長芋のナムル

今日は、ナムルです。蓮根と長芋を5ミリ幅に切って、蓮根のほうは軽く茹でてアクを消し、長芋のほうは薄い酢水につけて色を安定させてから水気を取り去り、両方を胡麻と胡麻油とベジコンソメ粉で和えてナムルにしました。御飯がわりに春雨と胡瓜の酢の物、それから韓国のお餅トッポギをトマトソースでいただきました。見かけだけ韓国風ですが全く辛くありません。 続きを読む

d-190717-i

トマトの炊き込み御飯

今日は、トマトの炊き込み御飯です。レシピ本で見て、大丈夫かなと思いながら作ったのですが、けっこういけました。トマト1個は実際に炊き込み、もう1個は炊きあがった後に載せました。もう一品は、オクラとヤングコーンを軽く茹でて、ぽん酢をかけたものです。お味噌汁はエリンギです。今日は満月、月に二回の布薩の日です。今から24時間の断食をします。 続きを読む

d-190716-i

エリンギのキムチ炒め

今日は、白菜ベジキムチの良いのがスーパーに出ていたのでそれを買ってきて、エリンギや大豆ミートと一緒に炒めました。キムチというのは少し焦がすと風味が増します。チシャの葉で巻いて食べました。お味噌汁の具は昨日のブルスケッタを作った時にとっておいた軸元部分です。ごはんは切り干し大根を細かく切って炊き込んだ炊き込み御飯、これ美味しいんですよ。 続きを読む

d-190715-i

ホウレン草のブルスケッタ

今日は、ブルスケッタです。南イタリアの庶民料理で、葉野菜をゆであげてそれをトーストの上に載せて食べる料理です。本物はトーストにニンニクを塗っているのですが、今回はそれは省略。シンプルにオリーヴオイルと塩味にしました。どんなパンでも美味しいと思いますが、私はチップルソンのカンパーニュです。そのままでも美味しいですが、トーストにしても美味しい。 続きを読む

d-190714-i

大和芋の蒸し物

今日は、ヤマトイモの蒸し物です。やまと芋を擦ってそれを蒸します。蒸すとかまぼこのように弾力のあるプディング状態になります。そこに濃いめの出汁を入れ、トッピングはわさびです。横の賀茂なす、まるで映画に出てくる活火山みたいですが、溶岩のような田楽味噌に覆われた賀茂なすにお箸を入れると柔らかい茄子本体が出てきて、手間はかかるけど本当に美味しい。 続きを読む

d-190713-i

茄子の枝豆あえ

今日は、小口切りの茄子を蒸し焼きぎみにローストして、その上からすり鉢で枝豆を潰して作った枝豆ペーストをかけていただきました。サイドには甘長とうがらしの網焼きぽん酢かけ、ごはんの代わりに氷見うどんです。茹であげて、上からベジオイスターソースとお醤油と味醂でちょっと甘めのたまり醤油を作って溜まり饂飩を作りました。 続きを読む

d-190712-i

バター炒め椎茸

今日は、シイタケの美味しそうなのがスーパーに出ていたのでそれでシンプルにバター炒めを作りました。バターといっても私ですからビーガンバターです。旨味成分たっぷりの干しシイタケとは違って、生のシイタケの醍醐味はふっくらとした歯ざわりと豊かな水分です。そのふっくらさをなくさないように気をつけて蒸し焼きにしました。レンティルスープとパンで満足しました。 続きを読む

d-190711-i

れんこん団子の甘辛煮

今日は、蓮根団子です。レンコンとジャガイモを擦って絞ります。そこに片栗粉を入れてまとまりをつけ、オリーヴオイルで揚げます。これを濃いめの出汁に入れてとろとろ煮染めていきます。出汁がある程度染み込んだら最後にメイプルシロップを足してとろみとてかりを入れて完成です。横のお味噌汁は湯剥きしたトマトに、トマト味の味噌汁パウダーを溶いて作りました。 続きを読む