仙人の今日の食事

d-181023-i

四角豆とベビーコーンのフリット

今日は、フリットです。溶いた粉を、四角豆とベビーコーンに厚着にならないようにほんの少し纏わせて、少なめの油の中で軽めにフライしました。まだかな、と思う頃合いで助け出して、塩を振りかけていただきました。美味しい。四角豆のひだみたいなものは何のためなんでしょうね?いやいやこれはあくまで葉っぱに過ぎないのですよ、という偽装のためですかね。 続きを読む

d-181022-i

トックのお好み焼き

今日は、お好み焼きです。いつものようにたっぷりのキャベツと、今日はトックを具にいれました。トック(韓国のお餅)を濃いめの味付けで煮しめておいてそれを生地の上に並べて焼きました。仕上げにウスターソースをかけて少し焦がしてお好み感をつけ、最後にヴィーガンランチソースをマヨネーズのようにふりかけて完成です。サラダと一緒にいただきました。 続きを読む

d-181021-i

厚揚げと大根のすき焼き

今日は、すき焼きを作りました。小振りの厚揚げを買ってきて、大根も同じ位の大きさの角切りにして、えのき茸と一緒にすき焼きにしました。大根に味がしっかり染み込むまで少しずつお湯を足しながらじっくり焚き込みました。お赤飯と合わせました。横にあるのは南京豆です。収穫したてのものが売りにだされていたのでそれを先ず茹でてごま炒り器で炒りました。 続きを読む

d-181020-i

牛蒡と切り干しのかき揚げ丼

今日は、ドンブリです。乾燥ごぼうと切り干し大根を戻してかき揚げにしました。ちょっと色合いが寂しいのでミックスベジタブルも投入しました。ごぼうの歯ごたえはかき揚げに合います。とろみを付けたたれをかけてドンブリにしたのですが、ごはん部分にたれをどのくらい浸み込ませるかが丼のポイントです。とろ湯葉が残っていたのでポン酢をかけて一緒に食べました。 続きを読む

d-181019-i

高野豆腐とブロッコリーの和え物

今日は、高野豆腐とブロッコリーの胡麻和えです。ぱっと見、チーズのような感じもしますが、戻して小口切りにした高野豆腐をベジコンソメで煮しめていって、後で下茹でしたブロッコリーを足して擦り胡麻で和えました。トッピングはスイートバジルです。ご飯は枝豆ごはんです。上原まり子さん著の『グルテンフリーなベジつまみ』に載っていたお料理です。 続きを読む

d-181018-i

乾燥野菜でショートパスタ

今日は、トロフィエという種類のショートパスタです。乾燥パスタも市販ですが、具のほうが今日は超手抜きです。椎茸やエリンギで作られている乾燥野菜です。乾燥野菜を混ぜてベジコンソメ粉を使ってオリーヴオイルで炒めます。パスタを茹でて和えて完成です。サラダはトマトを切って湯葉ともち麦フレークをかけて上からオリーヴオイルをかけたものです。 続きを読む

d-181017-i

パターテスレモナード

今日は、ギリシャのポテト料理パターテスレモナードです。じゃが芋を切ってたっぷりのレモン汁と塩とオリーヴオイルとオレガノを混ぜたつけ汁に浸けておいて、それとパセリを耐熱皿に入れてオーブンで調理しました。レモンの味とオレガノの香りが爽やかです。ほんのちょっと下茹しましたが、火を通し過ぎて崩れないように仕上げるのがコツです。 続きを読む

d-181016-i

湯葉カルトッフェルン

今日は、ドイツのジャガイモ料理カルトッフェルンです。蒸したジャガイモを刳り貫いて穴ぼこを作ります。皮を残したかったのでくりぬき作業けっこう気を使いました。そこに本物は生クリームを入れてチーズでコーティングしながらオーブンで作るのですが、ヴィーガン版ですので生とろ湯葉を使いました。くりぬいた中身は南瓜と混ぜてポタージュになりました。 続きを読む

d-181015-i

筍の焼きビーフンと奈良漬け稲荷

今日は、焼きビーフンです。茹でた筍とエリンギそして人参の細切りを具にして焼きビーフンを作りました。味はポン酢を加えて少し酸っぱめ。トッピングはスイートバジルです。ごはんのほうは、お稲荷さんですが、酢飯米に奈良漬けのこま切れを混ぜました。日本人にはお稲荷さんはお馴染みですが、豆腐とかお揚げとか身近にない国の人にはちょっと不気味な食べ物でしょうね。 続きを読む

d-181014-i

ボクスティ

今日は、ジャガイモのボクスティです。同じような家庭料理がヨーロッパ各国にあり、昔私が留学していたスイスではロスティと呼んでました。ジャガイモ料理の本場アイルランドではボクスティ(「貧しい町のパン」という意味だそうです。聞かなきゃ良かった)と名付けられています。茹でた芋を細かく刻んだり潰したりしてフライにします。味付けは塩胡椒だけです。 続きを読む