仙人の今日の食事

d-180821-i

バーコー麺

今日は、中国の排骨麺(バーコー麺)です。漢字ではあんまり書かないので違和感ありますが、元々は豚とか鶏とかの骨付き肉の唐揚げが入っている麺のことで、骨を口から取り出しながらワシワシ食べるのが醍醐味なんだそうです。けどベジ版は大豆ミートの唐揚げですので当然骨は入ってません。それにしても中華と青梗菜というのは実に良く合いますね。 続きを読む

d-180820-i

揚げ春巻きと芋煮

今日は、揚げ春巻きを作りました。筍の千切りと大豆ミートを炒めて市販の春巻きの皮で包んでフライパンで揚げました。あ、切って中身を見せれば良かった。サイドには新じゃがの煮っ転がしです。出来るだけかわいい小粒のものをえらんでまるごと皮付きのまま煮っ転がしました。とろみとテカリがしっかり着いた煮っ転がし、見かけだけじゃなく本当に美味しかった。 続きを読む

d-180819-i

イビシンボ・ニビライ

今日は、イビシンボ・ニビライというルワンダのお料理です。イビシンボが豆、ニビライがジャガイモの意味だそうです。このお料理は名前そのまんま、キドニービーンズとジャガイモを一緒に煮たものです。サイドには全粒粉小麦の薄焼きパンに胡麻ペーストを塗ってサンドにしたもの、こちらは北アフリカのスタイルです。 続きを読む

d-180818-i

トルコライス

今日は、トルコライスです。何故トルコライスと呼ぶかについては諸説ありますが定かではないようです。長崎のご当地料理として有名です。ピラフとナポリタンとカツの三種盛りがスタンダードですが、大阪や神戸のトルコライスもあって種類は色々です。いろんな写真を見比べて僕はこのキャベツの千切りがいっぱい入ったスタイルを選びました。 続きを読む

d-180817-i

ごろごろ野菜のシチュー

今日は、シチューです。人参とジャガイモを大きめに切って、ブラウンマッシュルームと一緒に煮込みました。とは言うものの、本当は全くの手抜きで、料理と言えるかどうか。Natural House という会社の製品「大地の想いベジタブルブラウンソースルゥ(デミグラス風)」というのを入れて溶かしただけです。これ良い製品ですよ。ほぼ完璧なデミグラスシチューが出来ます。 続きを読む

d-180816-i

高菜稲荷と茗荷煮麺

今日は、タカ菜の入ったおいなりさんと、ミョウガの入ったにゅうめんです。何か高速道路のサービスエリアでのクイックランチメニューのようですが、昔まだ仙人が子供の時、母親がお盆の時期に作ってくれていたお昼ごはんです。ただただ懐かしい。あ、そうかお盆だから亡くなった母親を思い出したのか。 続きを読む

d-180815-i

キムチお好み焼き

今日は、久しぶりにお好み焼き、今回は白菜ベジキムチお好み焼きです。いつも通り小麦粉を溶いたなかにたっぷりのキャベツを入れてフライパンで焼きました。上に白菜キムチをのっけてひっくり返し焦げ目を付けますが、このキムチを焦がした時に出る旨味は癖になります。お好み焼きソースと青海苔をトッピングして完成です。 続きを読む

d-180814-i

ラタトゥイユ浸しパン

今日は、冷蔵庫の居残り野菜でラタトゥイユを作って、バタールをそこに浸して食べました。バターがたっぷり入ってるからバタールだと思ってましたが、Batard というフランス語は中間という意味で、長〜いバゲットと短いドゥ・リーブルの中間の長さのフランスパンという意味なんだそうです。知らなかった。だから基本、卵乳入ってないのが普通です。 続きを読む

d-180813-i

舞茸フライとポテサラ

今日は、カキフライみたいに見える舞茸のフライです。舞茸を手で千切ってつなぎ用のマッシュドポテト(市販のフレーク状のものを戻して使います)と混ぜて団子状にして、ころもを付けて揚げました。暑い毎日ですが、私はまったく食欲が衰えません。しかも揚げ物大好きです。どうにかなりませんかね。サイドはショートパスタで作ったポテトサラダです。 続きを読む

d-180812-i

串焼きフォー

今日は、ベトナム料理のフォーです。米粉で作られた干麺を戻して、胡麻油風味の中華スープに乾燥高菜をいれたスープに沈めます。スプラウトを散らした上に大豆ミートの串焼きを載せました。串焼きの味付けは深草のヴィーガンズで買って来たベジカルビのたれ、串に刺した状態で前日から漬け込んで置きました。 続きを読む