気になるお店ちょっとレポート

d-180329-i1si

なぎ食堂 武蔵小山平和通り店

東京出張の際に一度行ってみたいと思っていた「なぎ食堂」にやっと行く事が出来ました。本店の渋谷店とこの武蔵小山店があります。イートインではデリ数品と大豆ミートの唐揚げのプレートに玄米ご飯とスープのセット、それからベジカレーのセット、豆乳麺などがメニューにありましたが、壁にテイクアウトのデリ用の容器のサンプルがあって、これがなかなか面白い。 続きを読む

d-180226-isi

台湾素食 璉

TOSCAさんがついにお店を閉じられて、トスカロスで、阿亜蕃仙人は悲嘆に呉れていたのですが、そんな中で嬉しいニュースが入ってきました。台湾素菜のお店が京都に新たに開店したというのです。中京区錦大宮町130-4四条大宮ユーリプラザ2F(tel.075-813-0880)。場所も四条大宮という、なんと言うか京都の中でもちょっと台湾風の感じがしないでもない繁華街のど真ん中のビルの2階にあります。 続きを読む

d-180322-2

さびあ食堂

シェアキッチンという形態のお店です。つまり複数のお店が同じ場所で日替わりで営業するお店です。京阪電鉄の出町柳の駅から歩いてすぐのところにある「かぜのね」で木曜日だけ営業している精進ご飯屋さんです。ヴィーガン仕様のランチがあります。屋号は「さびあ食堂」、今日のメニューと写真をアップしておきます。 続きを読む

d-180128-isi

漢方のお粥

以前にこの欄でご紹介した漢方茶のお店の前を通ったら「お粥セット」の看板が出ているのに気がつきました。お店の人に聞いてみると、残念ながらお出汁が鶏がら出汁だと言うので一瞬がっかりしたのですが、塩味で作ってみますと言って頂けたので注文しました。今日のお粥は漢方の薬材も入った大根葉のお粥で、美味しかった。お粥の後に「八宝茶」をいただいて楽しみました。こちらは以前のレポートを。
続きを読む

d-180126-isi

松富や壽

以前は柳馬場(やなぎのばんば)通りの三条からすこし北のところにあったのですが、現在は竹屋町通り西洞院西入るにお引っ越ししています。ここは以前は「栞栞カフェ」という名前で美味しいVegeカレーのあったお店なのですが、改装されて「松富や壽」になっています。もともとおなじオーナーだったと聞いてます。柳馬場の店とおなじようなシステムで、1時間の内に千円で自由に取って食べれるバイキング方式です。 続きを読む

d-171221-isi

リトルヘブンで忘年会

私が館長をしているミュージアムの学芸員さんや職員さんと一緒に今年一年有り難う御座いましたということで、忘年会をしました。あれ? 今日も非時食戒を破って午後に食事をしてしまいました。(但しこういう日はちゃんとお昼ご飯は抜いてますので遅めの昼食という位置づけです。)ミュージアムからそれほど遠くない太秦のリトルへブンでヴィーガン忘年会です。 続きを読む

d-171104-isi

Peaceful food & farm, Cafe Millet

京都市左京区静市静原町1118にあります。けど、京都市左京区は、異様に広い。下鴨神社あたりを想像してると大変な勘違い。下鴨神社からだとこのカフェミレットまで、良く道を知ってる人でも車とばして30分はかかります。大原三千院辺りまで北上してそこから西向きに折れて40号線をずっと行くと京都市立静原小学校というのがあって、その近所です。貴船のほうから三千院目指して東向きに行く方法もあります。 続きを読む

d-171015-isi

モンパン食堂

一見すると奇妙な店名ですが、このモンパンはモンゴルパンの省略形です。けど「こんなのはモンゴルにはない」とモンゴル人に文句言われたそうです。オーナーによると内モンゴルの人に粉の捏ね方を伝授されたことに因んでこの名前が出来たとのこと。美味しけりゃ名前はどうでもいいし、実際美味しかった。 続きを読む